安くてうまいといえば居酒屋

サラリーマンと居酒屋というのは、切っても切れない関係ではないでしょうか。また、二十歳を過ぎた学生も、居酒屋には大勢いますね。それほど居酒屋というのは、安くておいしいお酒の飲めるお店なのです。
居酒屋というと、入り口に赤い提灯がぶら下がっているイメージありませんか?中年サラリーマンの方々などは、赤い提灯を見るとお酒が飲みたくなると思います。何でしょうか、昔ながらの居酒屋というイメージが浮かんでくるんですよね。タバコの煙と演歌が流れているちょっと薄汚れた店内、中年サラリーマンがたくさんいるのが居酒屋などと思われているかもしれません。

しかし、昨今の居酒屋は、非常にきれいなつくりとなっているところが増えました。特に有名なチェーン店などは、非常に快適で清潔感のある店内となっています。快適空間で、おいしい料理を食べながらお酒を飲むなんて、なんて幸せなのでしょうか。そんな居酒屋のことを、もっと知っていただきたいのです。
この先、居酒屋に行かれる方はたくさんおられるでしょう。また、たくさんある居酒屋の中から、どこに行くのか決めあぐねることもあると思うのです。そんなときのために、今回は2つの居酒屋スタイルに密着していきたいと思います。

1つ目は、ホルモン焼きです。ホルモン焼が食べられる居酒屋もあります。ホルモン焼きをメインにしている居酒屋をご紹介していきましょう。ホルモン焼きは、内臓肉を焼いた料理ですが、内臓肉といえばモツ煮などが有名ですね。また、ホルモン焼きは、焼肉店や屋台で食べられることが多いですけれども、ホルモン焼き専門店がお酒と一緒に提供するお店もたくさんあります。ホルモン焼き居酒屋というスタイルについて、後ほど詳しくお話しましょう。
2つ目は、焼き鳥です。誰もが知っている焼き鳥をメインにした居酒屋を、ご紹介したいと思います。焼き鳥は、一口サイズの鶏肉などを串に刺して味付けして焼いたものです。焼き鳥にビールという組み合わせは定番中の定番で、多くの方が焼き鳥とお酒の組み合わせを楽しんでおられると思います。
炭火で炙られた香ばしさと、中まで火の通ったプリプリの焼き鳥は、口に入れる前からおいしさが判るといっても過言ではありません。一般的には焼き鳥屋と呼ばれるお店もお酒を提供するということから、居酒屋ということになるのです。今回は、ホルモン焼きと焼き鳥がメインの居酒屋について、魅力を語りたいと思います。